深い呼吸の必要性 - ・ハッピーライフ
01
2012

深い呼吸の必要性

今回のお産で、何よりもつるりと産めたのは「呼吸法」でした
一応、お産の時の参考までに

強烈なエネルギーと陣痛を胎動に感じて、それが気持ちよさに変わるまで、いくつかの呼吸法を試してみたんですが、それを少しだけアップしときます(参考に)



初産にしては、ヨガや呼吸法やマッサージ、香りなどのおかげで、余裕があったのかも

まずは、陣痛時、いきみ時にウジャイ
呼吸法だと、カラダが熱くなり過ぎて、陣痛の痛みが激しくなったように感じました。
大好きなウジャイ呼吸でしたが、お産の時の私には、うーん

火の呼吸法もあんまりでした。
それから、ナディショダナ(片方の鼻の穴を指で塞いで、片方ずつ呼吸をしていく方法)も、そんな余裕がなかった

カパラバディ呼吸は、いきみがくる少し楽な時と、赤ちゃんの頭が出てくる瞬間は、すごく良かったです
赤ちゃんに負担がかかりにくそうだったし、私も楽でした

そして、陣痛の時のほとんどは、『大きく鼻から吸って、ロウソクの火を消すように、ふぅーっと細く長く長く吐く』呼吸法

これは、最高に役立ちました
赤ちゃんの出たいという合図(陣痛)と、呼吸を合わせていくと、痛みのパニックやしんどさを軽減してくれました


(産む1分前の私)

お産は、まさに究極のヨガ
想像を絶する集中力と、助産婦さん、先生、支えてくれていたパパ、お部屋の空気、風の音や鳥の鳴き声、すべての一体感(サマディー、悟り)を味わうすごい経験でした
どんなヨガのプラクティスをしても、断食や厳しい修行をしても、お産の経験にはかなわないな~
人が作ったものより、自然の流れの方が偉大です

本当にぶっ飛んで、宇宙と繋がってる感覚を始めて味わえたかな
女性ってすごいね
男性なら、気絶するね

骨盤調整ヨガや、マタニティヨガ、マタニティトリートメントや、マタニティ整体、知識だけではできないですね。
妊婦さんになって経験しなと、本当のところはわからないと思います

ましてや、男性がそれをしていたら、空想でしかないもんね。
子宮がどんな状態かメンタルは赤ちゃんの動きはわかるわけないな

いずれ、安産になっていくプログラムを作らなくちゃ
今、30歳以上の方の出産って、かなり多いですし、不安もあると思うのでね
生理不順や女性特有の悩みも解決していけるようなプログラムを、婦人科医と助産婦さんに相談しながら、世の女子のためにがんばるぞ

関連記事

4 Comments

まみ  

勇気をもらった

はじめまして。
赤ちゃんが欲しいなと、色々検索していたら、こちらにたどり着きました。
私も岐阜から吉村医院さんに通いたいです!
このブログを見て、お産の恐怖や不安がほとんどなくなりました
結婚して、子供はほしいけど、産む恐怖が先立ち、避妊してきましたが、産む勇気をもらいました!
サロンはいつからされますか?一度マッサージも受けたいし、骨盤調整のヨガもしてみたいです。
再開されるときは、ブログで良いのでおしえてください!

2012/10/02 (Tue) 11:05 | EDIT | REPLY |   

りか  

神原さん様

吉村医院でお会いした、りかです。
今月出産予定で、持病で相談にのってもらい、本当にありがとうございました。もぐさのお風呂パックも、体がポカポカで調子いいです。
神原さんのお産は、いろんな助産婦さんに聞きましたが、素晴らしく綺麗だったみたいですね。
イタイ 、苦しい 、死ぬ やめて など、声に出さず、ひたすら深い呼吸の声が響いていたと聞きました。分娩室に入って30分程度でつるりと産んで、すぐにトイレに行った話しも聞きました。
これからお産を控えている人たちには、恐怖がなくなり、笑いと楽しさを与えてくれました。
予定日まであと少し、薪割りにスクワットにヨガに笑いに、がんばります!
1ヶ月検診の時に会えたらいいな。

2012/10/02 (Tue) 09:07 | EDIT | REPLY |   

akiko  

ばびちゃんへ

ばびちゃんも、安産型骨盤だし、毎日ヨガしてるから同じようにできるよ!

あれは、なんとか痛み(陣痛)を、子供の呼んでる声だ!と思って、集中しないとね。
それに、他は考えたくても、何も考えられないし、とにかく呼吸を合わせることしかなかったってのが本当のとこかな

ばびちゃんも、最初は女の子かしら 

2012/10/02 (Tue) 08:59 | EDIT | REPLY |   

ばび  

人から聞くと痛くて二度といぃ!
なんて方もいて
イメージでは 痛いもんなんだw って感じでしたが

さすが 先生!
さまざまな呼吸法を試す余裕は素晴らしいヽ(´∇`)ノ

体感しないとわかんないことって たくさんありますね

2012/10/02 (Tue) 08:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © シャンティロータス All Rights Reserved.