かゆみスキンケア - ・ビューティー&ヘルス
11
2013

かゆみスキンケア

私もベビーも、今年の冬は肌が乾燥してかゆい

何かないかな~っと、薬草ストックをゴソゴソ

あっっ
長崎の山奥でとった、ビックサイズのびわの葉をつけたエキスがあることを思い出しました
いつも、人にあげるために作るから、あることを忘れちゃうな



精製水に少し混ぜて、まずは薄めにしてできあがり
これは、手づくりと言わないね
混ぜただけだもん
ベビーの腕でパッチテストして、大丈夫だったから、こまめにつけてあげよう




後、ワセリンを湯せんして、ひば油を数滴混ぜて天然クリームに



これは、お風呂あがりに塗ってあげましょ

色々買わなくても良くなったわ
全部好きな香りだし、良かった






《びわの葉エキス》
びわの葉を使った入浴法や、いろいろな民間治療に効果的だといわれてます。

びわの葉には、数多くの健康成分が含まれており、注目されています。

びわの葉には、ブドウ糖、蔗糖、果糖、マルトース、澱粉、デキストリン、酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン、サポニンといった有効成分が含まれており、使い方によって、さまざまな症状に効能をあらわしてくれます。

アトピー性皮膚炎、乾燥性かゆみの治療として、びわの葉を使用するときにおすすめなのが、びわの葉エキスを患部に塗る方法や、お風呂に入れて入浴剤として使う方法などがあります。

また糖尿病や咳止め、喘息、整腸作用などに効果があるというびわの葉茶には、デトックス効果大。

また、アトピー性皮膚炎、あせもやかぶれといった皮膚の症状に効果的なので、入浴剤として家族で使用してみるのもオススメ。








《ひば油》
ひば油は、100Kgのひば材木からわずか、1Kgしか抽出出来ない貴重な物で、青森ひば樹木を水蒸気蒸留することによって「ひば油」と共に抽出されます。
ヒノキチオール・βドラブリン・フィトンチッド等の成分を含むピュアな精油です。
「ひば油」は、犬や猫の蚤、アレルギーの原因となるダニ・かび、害虫の白アリ・ゴキブリ等に忌避作用があり寄せ付けません。
特に抗菌、防カビに対しては濃度の高い作用を発揮します。
水虫撃退に!(水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。)
頭皮の衛生を保ちきれいな毛穴で髪ふっさり
かゆい!お肌に最適。

掻き崩してしまった肌ケアに、入浴の際数滴を、浴槽に垂らして入ればグット
保温、天然の抗菌成分が、荒れたお肌に雑菌が繁殖しないよう整えてくれます。
浴室の黒かびはアレルゲン、ひば油には揮発性があるので浴室内に広がり、防カビに。

痒い水虫にも。
洗面器等にひば油を垂らし、よく洗浄した足をつけます。朝晩行って効果アップ↑。
水虫はカビ(白癬菌)によるものです。ひば油のヒノキチオールの含有率は2%もあり、ヒノキチオールの天然抗菌作用でスキンケア。
即効性はないものの、カビに対しては力があります。

(我が家の参考書より)
関連記事

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © シャンティロータス All Rights Reserved.